会社詳細

名称 日本スピン株式会社
本社工場 〒223-0056神奈川県横浜市港北区新吉田町227番地
TEL. / FAX.045-592-4676
千葉工場 〒299-0214千葉県袖ヶ浦市下根岸218番地
TEL. / FAX.0438-75-2213
九州第一工場 〒820-0607福岡県嘉穂郡桂川町土師3499-1
TEL. / FAX.0948-65-2394
九州第二工場 〒820-0607福岡県嘉穂郡桂川町土師4953-96
TEL. / FAX.0948-65-2002
創業 大正14年
濱中一之丞がスピーカー・照明器具のヘラ絞り(鉸り)加工を芝神谷町にて東京鉸工業所を創業
創立 昭和35年10月(法人設立)
会長 濱中矩子
代表取締役 濱中剛
取締役 渡邉良雄
監査役 古瀬茂
資本金 1980万円
主要取引銀行 三菱UFJ銀行(川崎駅前支店)
横浜信用金庫(高田支店)
主な得意先 横浜ゴム(株)・(株)日立製作所(5工場)・(株)東芝(3工場)・(株)IHI・新潟原動機(株)・日新電機(株)・東京エレクトロン九州(株)・ファナック(株)・(株)荏原製作所 他 100社
全社員数 75名(2018年8月現在)

沿革

昭和35年10月 株式会社東京鉸工業所として東京・羽田に設立
昭和38年4月 本社工場を横浜市港北区新吉田に移転
昭和43年3月 千葉工場を千葉県袖ヶ浦市に開設
昭和49年1月 九州工場(第一)を福岡県嘉穂郡桂川町に開設
平成2年10月 創業30周年を機に社名を「日本スピン株式会社」に変更
  全社で「カエル運動(かえる六法)」を開始
平成3年7月 九州第二工場を新設
平成6年4月 神奈川県「かながわ中小企業モデル工場」の認定を受ける〔継続中〕
平成9年4月 畜産飼料用タンク販売事業進出のため畜産事業部新設
平成10年9月 畜産事業部を分社化、株式会社ハマナカとして独立する
平成12年1月 本社・九州工場YAGレーザー溶接機〔日本ウエルディング製〕導入
平成12年10月 九州工場CO2レーザー加工機〔三菱電機製〕導入
平成14年6月 本社工場CO2レーザー加工機〔三菱電機製〕導入
平成15年5月 濱中矩子代表取締役就任
平成17年6月 本社工場半自動シボリ機導入
平成18年4月 経済産業省中小企業庁「元気なものづくり中小企業300社」に選出
平成22年5月 千葉工場に金型保管用倉庫新設
平成22年10月 創立50周年記念式典を新横浜グレイスホテルにて開催
平成23年12月 本社工場航空宇宙国際規格AS9100、JISQ9001認証取得
平成26年1月 九州工場複合加工機〔Mazak製〕導入
平成27年10月 濱中剛代表取締役就任
平成28年10月 千葉工場精密板金ルーム新設
平成29年4月 九州工場ファイバーレーザー加工機〔Mazak製〕導入
平成30年5月 本社工場航空宇宙国際規格、2016年度版AS9100、JISQ9001認証取得
平成30年11月 九州工場全自動シボリ機〔大東スピニング製〕導入

経営方針

オンリーワンのものづくりを目指して技術の伝承を推進させ相互反映できる体制を構築する。
カエル運動・顧客満足・危機管理を図り八ヶ岳経営を軸とする。

  • 顧客満足
  • 危機管理
  • 品質
  • ストック
  • 納期
  • 適正規模
  • コスト
  • 秀明性

品質方針

日本スピン株式会社は、法令を遵守し、内部及び外部の課題を明確にしてリスクと機会に取り組む。
「カエル精神」で品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善するとともに、顧客満足度を向上させるため全社員で取り組む。